メイン 芸術 アーカンソー州で、女性による世界で最も高価な絵画が展示されます

アーカンソー州で、女性による世界で最も高価な絵画が展示されます

ジョージアオキーフ、 ジムソンウィード/ホワイトフラワーNo.1 (1932年)。 2014年11月20日のサザビーズアメリカンアートセールで44,405,000ドルで販売されました。(サザビーズニューヨーク)

今週の土曜日、3月28日、ウォルマートの相続人であるアリスB.ウォルトンによって設立され、資金提供を受けた水晶橋美術館は、女性が描いた史上最も高価な芸術作品と、最も高価なアメリカ美術作品の1つを展示します。 。

ジョージア・オキーフです ジムソンウィード/ホワイトフラワーNo.1。 ウォルトン夫人は、11月のサザビーズオークションでの1932年の花の特大(48インチ×40インチ)の肖像画に4,440万ドルを支払いました。このアートワークは、5月10日まで開催されるアーカンソー州ベントンビルでの展示会であるSee What ISeeの目玉として展示されます。

ジョージアオキーフ美術館は絵画の売り手であり、その収益は美術館の買収基金に直接送られました。

ウォルトン夫人は、過去15年間、アメリカのアート分野で記録を樹立し、4歳のメガに代わって市場に出回るそのカテゴリーで最も優れた作品のいくつかをオークションに出品する責任を負っています。ウォルマートの故郷にある博物館。彼女は、アンディウォーホルの象徴的なコカコーラボトル、ウィンスローホーマーのブラックウェルアイランド、ジョンシンガーサージェントのロバートルイススティーブンソンと彼の妻の肖像画を購入しました。皮肉なことに、彼女はセクターを膨らませ、その後の購入をより高価にしました。

オキーフの絵画は、美術館のコレクションからのアーティストの他の2つの絵画と一緒に展示に参加します。 小さな紫の丘 (1934)、および 羽と茶色の葉 (1935)、およびオキーフによる珍しい彫刻、 抽象化 (1946年にモデル化され、1979-80年頃に白漆塗りのブロンズで鋳造されました)。 サージェントの ロバートルイススティーブンソンと彼の妻、 クリスタルブリッジのコレクションで。

これらの作品を組み合わせることで、美術館のゲストはこの注目に値する買収を最初に見るだけでなく、アーティストのキャリアの範囲を垣間見ることができます。

興味深い記事