メイン 芸術 季節の精神にあなたを連れて行くための美術史を通しての10の雪景色

季節の精神にあなたを連れて行くための美術史を通しての10の雪景色

Tokujin Yoshioka, 、2010。Instagram /徳神吉岡

「そりや雪合戦のシーズンが正式に始まります。冬至を過ぎた今、私たちはせいぜい数か月の雪がちりばめられた楽しみの始まりであり、最悪の場合、春に向けて長くゆっくりとした岩塩を含んだトラッジです。ホワイトクリスマスを夢見ている場合でも、シーズンに向けて南に飛ぶことを夢見ている場合でも、この機会を記念して、アートで最高の雪のシーンを10個まとめました。

アルジャントゥイユの雪景色 (1875)
クロード・モネ クロード・モネ、 アルジャントゥイユの雪景色 、1875。ウィキメディアコモンズ

戸外制作者の並外れた存在は、彼がアルジェントゥイユに移った冬の特に激しい土砂降りの後、たくさんの雪のシーンを作りました。なぜなら、あなたが本当の冬の戦士なら、凍傷の指で絵筆を握りしめて、凍えるような寒さの中で外に座っているからです。

雪中​​の狩人 (1565)
ピーテル・ブリューゲル長老 ピーテル・ブリューゲル長老、 雪中​​の狩人 、1565。ウィキメディアコモンズ

アイススケート、興奮した子犬、とどろく火:オランダの北方ルネサンスの祖父、ピーテルブリューゲル長老によるこの絵は、冬の午後と同じくらいヒュッゲです。

冬の風景 (1811)
カスパー・ダーヴィト・フリードリッヒ カスパー・ダーヴィト・フリードリッヒ、 冬の風景 、1811。ウィキメディアコモンズ

冬の天気は楽しいかもしれませんが、それは危険でもあります、子供たち。松葉杖を投げて十字架の前の雪の中に横たわり、要素からの救いを祈っているフリードリヒの絵の中のこの男からそれを取りなさい。

夜雪の神原 (1833–34)
Utagawa Hiroshige Utagawa Hiroshige (Japanese, Tokyo (Edo) 1797–1858 Tokyo (Edo), 神原の夕雪、 東海道五十三駅シリーズより。メトロポリタン美術館、ハワードマンスフィールドコレクション、購入、ロジャーズ基金、1936年の礼儀

東海道沿いの風光明媚な景色を描いた、アーティストの有名な53部の木版画シリーズの一部である、足音がちりばめられた柔らかい雪の毛布の下にある静かな山村の神原のこの描写は、雪が降ることはめったにないので、最高の冬の願いです。この地域で。

四季:冬 (1755)
フランソワ・ブーシェ フランソワ・ブーシェ、 四季:冬 、1755。ウィキメディアコモンズ

ルイ15世の愛人、ポンパドゥール夫人のために作成された、冬のワンダーランドでのロココ様式の軽薄なシーンは、1頭の馬の開いたそりで雪の中を駆け抜け、お金を稼ぎます。

小径に降る雪 (1906)
エドヴァルド・ムンク エドヴァルド・ムンク、 小径に降る雪 、1906。ムンク美術館-HalvorBjørgård

ムンクは、彼の象徴的なものに示されているように、彼の惨めさの習得で知られているかもしれません 悲鳴 、でも、このように雪の散歩をしているときは、怒る必要はありません。

ワイルドノースで (1891)
イヴァン・シーシキン イヴァン・シーシキン、 ワイルドノースで 、1891年。ウィキメディアコモンズ

この松の木は雪で飾られているので、重さで壊れてしまうかもしれません。もみの木!

ロータスで溶ける雪 (2011)
パンゴンカイ

Instagramでこの投稿を見る

クワイフォンヒンアートギャラリーは、香港での#PanGongkaiの最初の個展「PANGongkai:Vision from HisInkWorks」を誇らしげに紹介しています。展覧会は2017年11月25日から2018年1月24日まで開催され、長さ6メートルの大規模な水墨画、紙の新シリーズの水墨画、ビデオなど、過去3年間に作成された合計30点の作品が展示されます。インストール作業。 #inkpainting #kwaifunghinartgallery #promotingcreativity

によって共有された投稿 サットン (@sutton)2017年9月21日午前1時15分PDT

画家の潘公凱は、第54回ヴェネツィアビエンナーレで取り上げられた2011年の作品で、伝統的な中国のペンとインクの描画の芸術に命を吹き込みました。廊下は蓮のスケッチで覆われ、その上にアニメーションの文字の新鮮な層が雪のように落ち着きました。展示会はヴェネツィアの夏の真っ只中に上演された可能性がありますが、アーティストは、インスタレーション全体に冷たい風を吹き付けるために多数のエアコンを設置することにより、訪問者が空中の冬のニップを見逃さないようにしました。

風花 (1948)
アレクサンダーカルダー

Instagramでこの投稿を見る

@DenverBotanic GardensのCalder:Monumentalは主にアーティストによる屋外作品を特集していますが、5月14日、@ DenverArtMuseumから貸与された吊り下げ式のモビール(Snow Flurry)がBoettcher CourtPoolの上に設置されています。 •この作品は、ロックスベリーにあるカルダーの家で吹雪にちなんで名付けられた一連の携帯電話の1つです。姉妹作品のブリザード、1946年は、現在ニューヨークの@WhitneyMuseumでCalder:Hypermobilityの一部として展示されています。 •(画像:Snow Flurry、1959年5月14日、Calder:モニュメンタル、デンバー植物園。写真:ScottDressel-Martin。©2017Calder Foundation、ニューヨーク/ Artists Rights Society [ARS]、ニューヨーク)#calder#alexandercalder# calderfoundation #caldermonumental #denverbotanicgardens #denver #colorado#monumentalsculpture#snowflurrymay14

によって共有された投稿 カルダー財団 (@calderfoundation)2017年8月15日午前8時PDT

Calderの特徴的な可動構造により、積雪がほとんどまたはまったくなく、雪がきれいに見られます。

(2010)
Tokujin Yoshioka